犬に良いペットフード

ペットフードはペットのための食事です。特に犬のためのドッグフードや、猫のためのキャットフードなどは今ほとんどの飼い主が購入しています。さてそんな中、犬に良いとされるドッグフードの条件について考えてみましょう。やはり成分の原料チェックが重要になります。できればワンちゃんのアレルギーチェックを病院でしておくと、より安心です。アレルギーになる前に予防したいものです。そしてドッグフード選びには、アレルゲンになる成分が入っていないかのチェックをしましょう。

次に主原料が肉であることが大切です。ワンちゃんにとって重要な栄養素は動物性タンパク質です。ワンちゃんはタンパク質がしっかり摂取できているかが健康に直結。原料表示では多いものから順番に書かれているので、まず肉が一番最初に書かれていることが大切です。しかし「肉類」や「チキンミール」「チキンパウダー」など、ミールやパウダーというタイプは要注意。やはりチキンやラムと肉の種類をしっかり明記したものを選びましょう。そしてタンパク質は22%以上必ず欲しいと考えておきたいもの。

また穀物は質の良いものか、無使用のものがおすすめです。穀物は植物性タンパク質と炭水化物ということになりますが、動物性のタンパク質のサポートとして考えましょう。しかしコーンや小麦、大豆などはアレルギーを持っているワンちゃんも多いので注意が必要です。米はあまりアレルゲンにならないのでおすすめ。穀物の場合は米、全粒オーツ麦、全流大麦などがいいでしょう。もちろんまったくこれら穀物の入っていない、グレインフリーのドッグフードも人気があります。他にも脂質は毛並みのためにも重要です。しかしどのようなオイルが使用されているかが問題です。チキンオイル、サーモンオイル、亜麻仁油などはっきり明記されているものを選びましょう。例えば動物性油脂という表示は要注意です。大体12~17%がベストとなります。